2016年7月28日木曜日

あなたのために、と言われても納得できないこともある

なぜ、親の家を片づけたいと思うのですか?

親のため?

本当は、そう遠くない将来、自分が片付ける時の事が心配だから・・・
時間も費用も労力もかかるし片づけたくない・・・
という思いはありませんか?

そういう思いって言わなくても伝わるものです。









いくら「あなたのため」と言われても

 「本当のところは違う」
そういう事を感じたことはありませんでしたか?
そう言ってくる相手は親や先生だったり友達だったり恋人だったり・・・

わかったうえであえて言う通りにすることもあれば
反発することも。
皆さん自分でも体験されていると思います。

本人がその気にならない限り、ほとんどの場合、余計なお世話と受け取られるだけです。


お元気でお暮しの今の生活が、より便利に、楽になるように。
将来も暮らしやすくなるような片づけをお手伝いします。


ちょっとしたことでグンと生活が変わります。




月末~帰省しますので、ブログ更新を1週間ほどお休みします。

暑さ厳しき折、皆さまくれぐれもご自愛くださいませ。


2016年7月25日月曜日

見たいものしか見えない

●お母さんにもうちょっと不用品を捨ててもらいたいんだけど…

この場合の「お母さん」は、お姑さんの事もあれば自分の親の事も。
みなさん同じような悩みをお持ちです。

私はどちらの世代の友人、知人がいますので
逆に「若い人はすぐに捨てろっていうの」
「たまにやってきて、あれこれ指図されるのはムカつくわ」
という親世代の赤裸々な声も直接お聞きします。

親世代の方からそういう話を聞いたときは
共感を示しつつ、
モノを少なく持つことのメリットを「軽く」お話しします。

大体の方は、モノを減らすメリットについては理解を示されます。

「でも…」

と続く理由はいろいろですが。



◆シニア向けの片付けの本や雑誌を渡す
「字が見えにくいので読めない」

◆テレビの片付け特集をさりげなく一緒に見ることに成功。

興味深そうに見てる!
やる気になってくれるかな~(#^.^#)

「うちはあそこまでひどくないから安心ね」

Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

二つとも実話です。


「自分の」身に何か起こらないと
なかなか「自分の問題」として受け止めることは難しいようです。

2016年7月22日金曜日

「おやかた」よりもまず自分

親の家の片付けも大切ですが、
自分や一緒に住んでいる家族の事はもっと大切です。
親世帯に何かアクシデントが起こっても余裕をもって対処できるように、まずはご自分の環境を整えることをおススメします。

せっかくの帰省、「おやかた」が原因でケンカなどしないでくださいね~。
何かあっても、どうして片づけたくないのか理由を探ってみましょう。
きっと理由があるはずです。

「面と向かっては聞けない」
そんなあなたのために、「おやかた」に必要な情報収集の仕方については
「お片付け相談」にてお話しています。

レジュメ、情報収集のチェック表なども用意しています。

スカイプなどの無料通話にてもお話承ります。
お電話でも。

レジュメなどの資料はメールでお届けしますので
印刷、またはスマホやタブレットなどに保存してご利用ください。



evernoteの共有リンクのアドレスをお知らせしますのでそちらからご覧いただく形となります。
サンプルページを作っていますのでご覧いただけるかお試しください。
EVERNOTE 共有リンクサンプルページ

きき脳について書いてあります。

「きき脳」の詳しい説明、診断は「お片付け相談」にて(#^.^#)

2016年7月20日水曜日

「おやかた」を始めるその前に

そろそろ帰省される方も多くなる時期ですね。

おやかた=親の家の片付け

家の片付けも大事な問題ですが、それ以前にやることがあります。

それは、日頃のコミュニケーション。

親兄弟とはいえ「仲良し」とは限りませんよね。
「仲良く」しろ、と言っているわけではありませんよ~。
どうしても「無理」ってことはあると思います。

私はけんかしなきゃOK、と思って日頃のお付き合いをしています。

日頃の健康状態やかかりつけ医、くらいは知っておいた方が良いかな~、
と思います。



●介護保険は申請してから実際に認定されるまで時間(約1か月ほど)がかかります。

経験者に話を聞くことも多いかと思いますが、
その人とあなたの場合は違います。

情報収集のためにいろんな人から話を聞くことは悪い事ではありませんが、
中にはアドバイスと違う事をすると
「せっかく教えてあげたのに」
みたいなことになって人間関係に影響があることも。
そういうトラブルを防ぐためにも「専門家」に相談することをおすすめいたします。

専門家はどこにいる?

地域包括支援センターというものが各市町村にあります。

住み慣れた地域で暮らし続けられるようなサービスを受けられるように支援してくれます。
親御さんがお住いの地域包括支援センターについて調べてみてくださいね。


2016年7月18日月曜日

[三大]下着やタオルを処分できない理由

下着やタオルを処分できない三大理由
1、まだ着れる
2、まだ使える(サイズ?そんなの関係ねー)
3、だんだん肌触りが良くなってきたので捨てられない


「しまう場所がないわ~
衣装ケース買ってこなきゃ。」

そう思っている方!

買い物に行く前に在庫の見直しを!!!

上記の理由でタンスの肥やしになっているものはありませんか?


これは義実家で見つけて我が家でしばらく使っていた昭和のタオル。
ホタテ柄よ~。
YSLってイブ・サン・ローランよね~(^^;
ホンマでっか?
という感じです。




●処分するには名残惜しいものもあるかと思いますが…

こんな場合をちょっと想像してみてください。


<シーン1>あなたの家にあこがれの人、または大好きな人が泊まりに来たとして

そのタオル、ためらいなく差し出せますか?

<シーン2>道で気分が悪くなって救急車で運ばれました。

急患外来では一通りの診察をします。
場合によっては病院の寝衣にスタッフの手により着替えさせられる場合も。
その下着、見られても恥ずかしくないですか?

<シーン3>入院することになりました。

「女手がいるわよね」と呼んでもないのにやってきた姑、または嫁が
あなたの下着や寝間着を持ってきてくれることになりました。
タンスも勝手に開けられること必至。
…今すぐ退院したくなりませんか?

<シーン4>あなたが他界した後、持ち物全部!
身内または業者の手によって処分されます。

「こんなボロいの着てたんだ」
「なんでこんなの持ってるの?」
そんな風に思われながら片付けられる…かもしれません。

業者のほうがまだましかもしれません。
私情を挟むことなく淡々と処理してくれますから。


私も義実家の片付けをしていますが、衣類はなかなか処分しにくいものです。
下着などはもう、着る人もいないし
人様に差し上げるものでもないので処分しやすかったですが。

義理の両親とはほとんど面識がないまま他界され、
ほぼ他人の私にこんなプライベートなところまで見られて嫌じゃないだろうか…
と思いながら片付けていました。

あまりにも数が多いと悲しみも怒りに変わっちゃいますね(^^;

そして、片付けが大変だった思い出が強烈に残り
物持ちが良すぎた人として記憶される…?

2016年7月15日金曜日

洗濯物のチョモランマ攻略法

ここでいう洗濯物とは、洗って干した後の衣類の事です。

洗う前のものは…
洗濯機に頑張ってもらいましょう~。


これは義実家で使っている二槽式洗濯機。
現役ですよ~。


汚れ落ちは抜群です。

手間はかかるし、大物は洗えないですが。



几帳面さゆえにできる洗濯物の山の続きです。

洗濯物の山=チョモランマ、と表現してみました。
ヒマラヤ山脈にある世界最高峰の山。

なかなか手をつけがたい…
遠くから見ているだけになりがち…な洗濯物の山。


・洗って取り入れたものの、そのままになっている。
・着替えは洗濯物の山から引っ張り出して使っている。

忙しい方にとってはそんなに珍しい光景ではないかもしれませんね。

山を築いちゃったけど、洗濯物は洗った順番に並べて入れたい

几帳面なんだかズボラなんだか…
自分でも矛盾に悩んでる…

私はそんなあなたは「几帳面」と判断します。

しかも完璧主義者。
全か無か
できるかできないか

自分が納得できない仕上がりならやらないほうがまし。

そうお考えでは…

山(洗濯物)の地層を利用して、
新しいものは奥に
古いものは手前(上)に来るように片付けちゃいましょう。


●そのやり方とは…

1、上にあるものから順番にたたんでいきます。
2、たたんだものはしまう場所別に置いておきます。
3、ある程度たまったら、タンスなりクローゼットなりに持っていき,収納しましょう。

この繰り返しで、古い洗濯物が一番手前【上)に来るように収納できます。

単純すぎますね(^^;

でも、この簡単なことの繰り返しができるかできないか、で
片付き具合が変わってくるのです。

●なるべく楽に、簡単にできる工夫をしましょう。

この方法を使うためには、洗濯物を収める場所の確保と定位置を決めておくとスムーズです。


●山を築かないようにするためには…

取り込む際に、立ったままたたむ、という事も有効です。
私はタオルやTシャツなどは、ささっとたたみます。
シーツなど大きなものには特におすすめですよ~。

たたんでいるときに
・これはもう着ないかな…
・シミが気になるな…
といったようなものはよけておきましょう。

「使うもの」を「使いやすく」収めるのが収納です。

パズルのようにあるものを全て!収めることではありません。


2016年7月14日木曜日

几帳さゆえにできる洗濯物の山

洗濯物をたたんでしまう、という作業が苦手…という方は多いです。

ついにこんな機械も開発されました。

全自動洗濯物たたみ機

少し前にフェイスブックのタイムラインでも話題になっていました(^^♪

でもでも!

たたんでくれるけど、しまってはくれないからね。

たたまれた衣類が山積み、という光景も容易に想像できます(>_<)


◆洗濯物をしまう場所がない(いっぱい)
◆たたむのが面倒
◆運ぶのが面倒

これらが「洗濯物の山」を築き上げてしまう主な原因です。





●これらを解決するには、

1、しまう場所の確保
2、定位置を決める
3、洗濯物を取り込んでからたたむ~しまうまでの動線の見直し

で改善できます。


中には、きちんと洗った順番に並べて入れたい

と思っているうちに洗濯物がたまってしまい
分類が面倒になって放置
という場合も。

完全主義者で几帳面な方はハマりやすいかと思われます。

几帳面なのに洗濯物の山?

と思われるかもしれませんが

完璧にできないならやらない!
という選択をする方もいるのです。

この洗濯物の山を「チョモランマ」と呼ぶ先輩もいます。

次回「チョモランマ」攻略法を。

2016年7月12日火曜日

自宅で熱中症になりかけました

私、何度か自宅で熱中症になりかかったことがあります(^^;
水分補給などマメにしていたつもりなのですが。
先日もちょっとヤバかった…

頭痛と軽い気分不良に
「これはヤバイ!」という事で早めに休みました。

その時の室温33度。
掃除などする時は窓を開けてしたいので
エアコンは使わずあれこれしていたのです。

ゆっくり休んで元気を取り戻しましたが、これからの季節、要注意ですね。

●高齢者の方は特に注意が必要と言われています。

エアコンが嫌いな方も多いし、
夜にトイレに起きるのが嫌(粗相するのが心配)という事で
水分摂取を控えている方も多いです。

これは入院されている方にもそういう傾向が見られました。
省エネ、節電でエアコンの使用は控えよう・・
という方も多いかもしれません(私もそうでした)。

最近のエアコンは省エネ機能だし、
寒くないように快適に室温湿度を調整してくれます。

そういえば最近は省エネとか節電ってあまり聞かなくなりましたね。


暑さや湿度による体へのダメージは想像以上です。

適当にエアコンなどを利用しましょう。

水分摂取も、時間を決めて飲むとか、
トイレに行った後に飲む(出たものを補うイメージで)など
「のどが渇いたな」と思う前にこまめに行いましょう。





頭痛いな~
っていう時も熱中症の症状であることも。
早めの休憩を・・・。


近頃の暑さは「体力を奪う」というよりも

命を削られる

という感じがします(´□`。)


たるんでる、とか根性がないとかそういう問題ではないです。
しんどい時は休んでいいんだよ~。
・・・ていうか、休まなきゃダメ。


雨や曇りの日も要注意ですよ。

これからの季節、お出かけが増える時期です。
お盆とか帰省してきた親戚の集まりとかね。

疲れたな~、と思ったら早めに休みましょうね。
・・・・といっても主婦にはそれもままならない事が多いのですが。

休む時間を決めてしまうのも手ですよ。
ライフオーガナイズは「時間」も対象としています。

2016年7月10日日曜日

嫁に自動インストール機能はついていません

結婚は個人同士の問題ですが、
「家」の問題が大きくかかわってくることも事実としてあります。
 
本人同士は良くても…
という場合は口に出さなくても
何かしらあることが多いのではないでしょうか。
 

 
男女平等、といいつつも家事の負担は女性に大きくかかってきます。
妊娠~出産、子育てに関しての負担もそうです。
体のつくりも違う事ですし、仕方がないことではありますが…
 
妊娠出産は病気ではない
といって無理させられている方のなんと多いことか
 
病気であれば治療法なり薬なりで対処できるんですよ。
病気じゃないからこそ、
産後の安静期間くらいはしっかり確保させていただきたい!!!!
 
精神的にも身体的にも大ダメージですよ
 
私は産んでないけど、もしも義実家片付けその他含めて、
この状態で妊産婦になってたら…
と思うと恐ろしいものがあります。
 
特に「長男の嫁」という立場は昔から負担が大きいものです。
私も長男の嫁です。
家が、遺産が…という話をする人もいますが
そんなのいらない!!
自由な時間を下さい。
 
だいたい「家」も自分が住みたいところに
住みたい家を建てるのが理想です。
家なら何でもいいってわけじゃないし。
 
長男長女同士の結婚も多いし
長男じゃない人を探すのも難しくなってきますね。
 
長男の嫁だからすべてを引き受ける
 
そんなこと無理です。
 
一昔もふた昔も前の価値観を引きずったまま
結婚生活を続けていくのは難しいです。
 
不思議に思うのは
結婚したら自動的に婚家の情報がインプットされると思ってるのかしら…
と思うこともありますね。
人間関係とかしきたりとか。
 
先日もフェイスブックでそういう話題になりまして。
 
自動インストール機能はついてない!
というコメントをいただきました
 
同感で~す!!!!!
 
…こんな話ができる場を近々作りたいと思います。

遠方の方や、外出する時間がとりにくい方はスカイプなどでも。
 

2016年7月8日金曜日

やることはわかったけど、どう実行すればいいの?

時節柄、今の時期に気を付けたい病気についての記事が多めになっています。
 
今後、病院に行く前に自分でできることや、
観察のポイントなどについても少しずつ書いていく予定です。
じゃあ、具体的にどうすれば実行できるのか。
 
これはケースバイケース、
「誰が」「誰に」行うのか、という事によって、やり方は色々ですので
なかなか記事にはしにくいのですが、できるだけ書いていこうと思います。
 
何をするにしても、病床整備、環境整備という事はベースになる部分です。
 
生命の危機に関する優先度からすれば、
置いて行かれがちなことではありますが、ここは外せない!
と現役ナースのころからの思いは変わりません。
 
それどころか、年々強くなっていきます。
 


 
 
肺炎の記事で、食事中の体位について
 
「座位を保つ」
たった五文字ですが、安全、安楽に座位を保つことは難しい場合もあります。
 
介護ベッドだと電動でウィーンってスイッチ押せばOKでしょ?
と思いますか?
 
枕元にティッシュの箱やその他身の回りの品が常に置いてあることは多いものです。
 
上半身を起こすときはそれらのものが置きっぱなしでは
ベッドを起こすたびに移動させることになります。
 
「安全に」ベッドを起こすためにはいくつかの気を付けておきたいことがあります。
起こした後の観察にも重要なポイントがあります。
電動ベッドでの事故もあり得ます。
 
毎回のこととなると、結構大変な作業です。
 
枕元には余計なものを置かないのが理想ではありますが、
すぐに手が届くところにないと不安だったり不便だったりすることもまた事実。
おススメは、使う目的ごとに必要なものをまとめてかごやトレイに入れておくことです。
 
 
痰が多くてティッシュをよく使う場合
 
かごなどにティッシュと、ちょっとしたごみ袋(ビニールや広告などで作った箱など)を置いておくと、ごみの始末も、物品の移動も簡単にできます。
 
痰などは感染の危険もある廃棄物なので、
素手で触れずに速やかに廃棄できる仕組みを作ることをおすすめします。
枕元に使用後のごみが散らかっていることは病院でもたまに見かけました。
ベッド柵にビニール袋をテープで貼り付けたりとかしていましたね。
 
ごみがたまっている様子は見苦しいこともあるので、こまめに交換していました。



 
生活全般に及ぶケアにはこまごました物品が必要なことが多く
それらの多くは消耗品です。
在庫の管理もなかなか大変ではないかと思います。
 
「片付け」の技術を応用することで
この部分を「楽に」することができます。
 
物品管理の手間が楽になります。
 
ベッドサイドが整理されていると、緊急時の処置もスムーズに行えます。
 
介護する方される方が安全、安楽に過ごせるためのお手伝いが
「片付けナース」の一番大きなミッションです。

 
でも!
その前の段階としてもっともっと力を尽くしたい部分があるのです。


 

2016年7月7日木曜日

誤嚥性肺炎にご注意

日本人の死因の上位に毎年入るのが「肺炎」
予防接種のCMなどもありますが、肺炎は身近に起こりうる病気です。
中でも「誤嚥性肺炎」は高齢者の肺炎の70%以上だとも言われています。



●誤嚥性肺炎とは?


誤嚥とは、食べ物や飲み物が誤って気管や気管支内に入ってしまう事。
細菌が唾液や胃液とともに肺に流れ込んでおこる肺炎。

高齢者の肺炎で、この「誤嚥性肺」というのはものすごく多いのです。

水や食べ物でむせることあるでしょ?
あれの進行形…と思ってもらえればわかりやすいかな。

ふつう、ただの水でもちょっと違うところに入ったら激しくむせたり
咳き込んだりしますよね。

あれは「誤嚥」を防ぐ体の反応です。

高齢になるとそういう反応が鈍くなってくる場合があります。

咳や発熱など、肺炎の症状が現れにくいことも多いです。
いつものどのあたりが「ゴロゴロ」なっていたり
元気がなかったり、食事に時間がかかるようになった…
痰が汚い…
など、いつもと違う気になる場合は医師に相談してみましょう。

おう吐した時も、要注意です。


●予防、対応は?

・食事の時の体位に気を付けることが一番です。
きちんとした「座位」を保てる等に背もたれなどをうまく使ってください。

・ベッドの場合も、上半身を起こすと同時に
足元も少し上げて体がずり下がってこないような工夫をしましょう。

・液体のものよりも、少しとろみがあるほうが誤嚥しにくくなります。
ゼリーやポタージュなど。

・食べた後、すぐに横にならない

これらは、経管栄養をされている方にも言えることです。

・忘れてならないのは口腔ケア
口の中に残った食物残渣などは取り除きましょう。
口腔内の雑菌を減らすことにもつながります。

この中で意外に難しいのが「口腔ケア」
嫌がられる方も結構いらっしゃいます。
無理強いしないで、そういう時は水を飲んでもらう
うがいをしてもらう、など少しでも口の中を清潔にできるような工夫をしましょう。

いきなり口をこじ開けてグリグリやる、なんていうのはもってのほかですよ~。


アメブロのほうにもアップしていますので良かったらご覧ください。

高齢者が注意するべき肺炎



2016年7月6日水曜日

アルコールで水分補給はできません

蒸し暑い日が多くなってきました。
体調はいかがですか?

●熱中症に注意水分補給を

経口補水液も、入手しやすくなりましたね。
何だか効きそうな気がしますよね。

でも、ちょっと待って!

経口補水液は脱水状態になった場合のものです。
スポーツドリンク代わりに飲むものではありません。
ましてや一気飲みする物でもないのです。
発熱や激しい発汗、下痢、嘔吐などの脱水状態の時はなかなか水分補給が難しくなります。
そんな時に少しずつ、飲むモノです。

1.5g/500mLあたりの塩分が含まれています。
食事で塩分制限されている方などは注意が必要です。




●水分を口から飲めない場合は即病院へ!

汗は気になるものですが、体温調節には欠かせないものです。

高齢者は暑さを感じにくくなっていたり
汗をかく機能が低下していて熱中症になりやすいです。

高齢でなくても
・眩暈や頭痛など風邪かな?
・お酒を飲む方は二日酔いかな?
と思っちゃうかも。

風邪や二日酔いからの~
熱中症

という事もありますのでご注意を。

特にアルコールは脱水傾向となります。
アルコールで水分補給!なんてダメですよ。

周りの人もそれとなく注意しておいたほうがよさそうですね。

2016年7月5日火曜日

帰省の前にもやもやを「はなして」いきませんか?

そろそろ帰省の予定を立てられている方も多いのでは。

久しぶりの実家。
いろいろ思うところがあるかもしれません。


 
私も月末に帰省します。
 
所用のついでの帰省ですが、約1年ぶり。
懐かしい友達にも会えるのでとても楽しみです。
 
その反面、
電話でも感じることですが、
会うたびに老いていく両親を見ていると
私はどこまでできるだろう…
という事を考えずにはいられません。
 
いつからか
いつまでなのか…
 
わからないけれど、その時にできることを精いっぱいやるしかないと考えています。
 
予定は未定とはよく言ったもので
私の人生は予想外の方に進むことが多いようです。
 
今、現在の積み重ねが未来です。
そのことを年齢を重ねるにつけ、実感しています。
 
それと同時に、過去の積み重ねが現在であることも。

「お片付け相談」では、帰省前にどのようなことを知っておけば
親の家の片づけの手伝いがスムーズに進むのか、という
情報収集のポイントなどについてもお話しています。
 
モヤモヤした気持ちを話して
心の重荷を手放していきませんか?
 
 
:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:
 
ご相談受付中です。
 
 

 SNSでもつながりませんか?
フォローお気軽にどうぞ(^^)/

2016年7月2日土曜日

6月の人気記事ベスト5

6月1日~30日の間によく読まれた記事です。

そろそろ帰省の予定を立てられている方も多いのでは。
久しぶりの実家。
いろいろ思うところがあるかもしれません。

お片付け相談では、帰省前にどのようなことを知っておけば
親の家の片づけがスムーズに進むのか、という
情報収集のポイントなどについてもお話しています。




1位 物が減っていった私の実家

もともと物が多い実家ではなかったのですが
なんというか…
さっぱり感が年々増しています。



2位 実家はミステリーゾーン

時が止まっている実家の物置。
実家片づけの時は、親にあれこれ言う前に自分の物から整理しましょう。



3位 危険がいっぱい?寝たきり原因3連発

かなりしつこく「寝たきり」と書きましたが油断すると危ないです(^_^.)
まずは「床に物を置きっぱなしにしない」を実行しましょう。



4位 増えていく「おかんアート」の材料は…

物を作る系の趣味は道具や材料が増えていきがちです。
そんな時、どうする?



5位 多すぎる手芸用品…どうする?

4位の記事の続編です。
「きき脳」と合わせて私のやり方をご紹介しています。
シンプルなことですが効果は大です。






:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+